バリバリサーティーン

なんじゃこりゃ!?

突如ハワイに現れた結成わずか1ヶ月の新星バンド、バリバリサーティーン。

「初ライブがあるから見にきてねー!」とラジオ番組のゲストで来ていただいたリーダーとトミーが告知。昼間の顔も知ってるけどここは割愛。

場所は、SAND ISLANDにある超ロコ色の強いBAR。
もともと工場や倉庫が多い地域で平日の夜だったので付近は閑散。
おまけにこのBAR,入るときにはIDチェックも無しの誰でもウェルカム状態でテーブルに灰皿が置いてある。
a0077039_757653.jpg 
・・・いいのか!?
一応店名は伏せておこう・・・

毎週水曜は「誰でも出演できる日」らしく店に到着した時にはオジサマバンドが演奏していた。 が、かなり上手!! でも仕切りがとてもハワイアン。「みんなノッテるかーい、ベイベ!」など何もなく、しれーーっとステージに上がり用意ができたら適当にスタート。
バリバリ13は10PMからのステージのはずが、オジサマたちノリノリでとっくに10時半。 
挙句その日のバンド連中の出演が一通り終わると「誰か演奏したい人ーー」 とまるで学級会か文化祭のようなノリの店とのギャップがかわいらしい。

さて、80年代、やんちゃだった人はこのカッコ見てピンと来る人もいるでしょう。
そう、まるで横〇〇蝿。
そう、コピーしちゃってます。
a0077039_7581182.jpg
が、これがロコにオオウケ!!
この革ジャンとリーゼントが効いたのか、アロハタワーでのバイカーたちの集まるフェスティバルに参加した際にはまるでセレブ扱いの写真の嵐だったそう。 たしかにこのカッコ、アロハタワーには居ないだろう・・・

「何曲演奏するんですか?」
「4曲」

はい、本当に4曲。
それでも会場は大変盛り上がり、「ハナホー」出ました。
その「ハナホー」でも同じ4曲繰り返しのおちゃめなバリバリサーティーン。3回しか練習できなかったという演奏にもかかわららずかなり本格的。 最後は会場で「BARIBARI---!」コールでロコと一体に。

んー、この分だとジャパニーズロックンロールがハワイで旋風を起こす日は遠くないかもしれない・・・!?
[PR]
by keisegawa1225 | 2007-08-11 08:02 | イベント
<< ロックとクラシック Martとセルジオくん >>