#44 スカウトした Na'i & やっぱり美味しい日本の味

a0077039_16561358.jpg
アロハ!

関東は梅雨でジメジメ・・・という多数の不快報告を受けておりますがいかがおすごしですか?
毎年日本でのこの時期の私は髪の毛が膨張していた思い出が・・・ 

そんな中放送されているNA’Iちゃんの回いかがでしたか?

とっても明るくフレンドリーなナイは実はKAYKOの回でご紹介した水着屋さんで働いていた女の子。対応がとてもよくかわいかったのでその場でスカウトしたロコガールでございます。 
インタビュー当日はお薦めのスパでフェイシャルトリートメントを受けた後だったのでお肌はツヤツヤ(うらやましい・・・)途中パラパラとシャワーもあったのですが持ち前のサービス精神でイヤな顔一つせず、場を盛り上げてくれたとっても気遣いのできるゲストでした。
a0077039_16564248.jpg
ハワイ通のビッグシティーダイナーファンは多いのでは? 以前はワイアラエまで通っていた方も多いと思いますがワードに出来てからは観光客もより気軽に遊びに来られるようになったみたいですね。  特に週末の昼間はファミリー連れのロコでとても賑わっているレストラン。 アメリカーンな味とサイズを気軽に楽しみたい方にはお薦めです。

そして今回は和食ご紹介のナイトナビ。 ハワイの番組なのに和食なんて・・・というご意見もあるかと思いますがやはりダントツに美味しいのは和食。 日本人の繊細な味付けってどうしてこうもお上品なんだろうー、と海外に住んでよりいっそう日本の味のレベルの高さを感じちゃうアタクシでございます。 

つくね屋と一力は両方ともよくプライベートでもお邪魔するところなので本気食べ。 ま、いつものことですが・・・
a0077039_16572068.jpg
このフワフワ食感のつくねを焼けるのはお店でもただ一人、こちらの「つくねマスター」のみでございます。 

ローカルの趣向にも合わせて様々な創作つくねをメニューに取り入れているのはさすが! お腹が許す限りの種類を是非平らげてみてください。 もちろんつくね以外のアラカルトも美味しく個人的には白湯ラーメンは外せません!
a0077039_16574415.jpg
それに女主人のエミさん、とっても小さく華奢でかわいらしい方なのですがテキパキした仕事ぶりがカッコいい。 しかしなぜエミさんの隣の田中Dは笑顔で直立不動なのだろう・・・?

そしてアラモアナSCの前にある鍋専門店、一力。 ここはローカルに本物の日本の空間を味わってもらいたい、と内装や食器類は日本から持ってきたものを使用するこだわりよう。 味はもちろん広さ、雰囲気も申し分ないのでロコやメインランドからの観光客にも大人気のレストランです。 

「ハワイで鍋なんて・・」というアナタ! ハワイ滞在していると3日目あたりに日本の味が食べたくなりませんか? それに常夏で年中暑いというイメージがありますが実はハワイ、そうでもないんですよ。 四季ではなく二季、夏と冬がちゃんとあります。 まあ冬と言っても夜15度くらいだからこれで寒いと言ったら日本の方に怒られそうですが・・・湿気がない分寒がりの私は半そでだといつも鳥肌。 それに室内はクーラー効きすぎだしね。
a0077039_1724380.jpg
そんな時にこの一力の鍋の嬉しい事・・・スープも種類があるのでその日の気分でお好みに。 また最後にうどんかラーメンかを選べるのですが個人的には絶対ラーメンがお薦め (またラーメンかよっ!?) コショウの効いた濃縮スープでいただくとお腹いっぱいでもチュルチュル入っちゃうのよねえ。 実は取材前日も一力でランチしたアタクシ。 どんだけえー(こういう時に使うのかな?え?もう古い・・・?) 

そう、ランチのボリュームは女性にちょうどいい、と言っても男性も満足できるかなりの量ですのでお腹空かせていくべし! それに近々2階にBARもオープンする予定でさらに人気スポットになりそうです。

一力は店内も広いのでロコのパーティや日本からの打ち上げ会場などでもよく使用されています。 JAKEやLOSTのJIN(Daniel Dae Kim) も来たそうですよ! JINに気づいたお店の子は「すっごく優しくて英語が上手だったーー!!」と大興奮していたそう。 役柄上冷たく英語がわからないだけで当たり前だろ!と突っ込みましたが、きっと私も本人に会ったら同じリアクションしちゃうんだろうな(^^;)
a0077039_1731523.jpg
和食レストランといえども場所はアメリカ。 チップの習慣がない日本人にはチップ計算、緊張する方もいらっしゃるようですが忘れずに置いてあげてくださいね。 ハワイは特に最低賃金が全米でも低いほうなのです。 とくにサービス業の人の時給は日本に比べると相当安いのでその分チップでまかなっています。

相場は15%と言われていますがチップはあくまでも 「お心付け」 気持ちのいいサービスを提供してもらえたり同業者のロコは気持ちがわかるせいか20%払う方も多いんです。 逆に納得が行かない場合は5%しか置かない、という人も。 それで従業員のサービス向上に繋がるならお客さんにとってもありがたい制度かもしれませんね。

わかりやすい計算法としてはハワイ州税は4.712%なのでTAXの約4倍をチップとして計算する方法。 それか会計の際にお店の方に「チップ含めて清算してね」と言えば快くほとんどのお店が15%計算でやってくれますよ。 あくまでも受けたサービスに対してのお心付けなのでファーストフードなどでレジに「チップボックス」が置いてありますがこれは必ずしも入れる必要はありませんからネ。
[PR]
by keisegawa1225 | 2008-06-14 17:25 | 裏アロハチャンネル
<< さらば ダイヤモンドヘッドローン #43 マウイ島初上陸! >>